おかしくなった?

時々学校に行っていたけど、男子たちの言葉と、あの何とも言えない私を見る冷めた目つきと不気味な表情が何ヶ月経っても変わる事はなく。

どうして私にだけそんな顔するの?

どうして私にだけそんな言葉で傷つけるの?

って恐怖は取れないどころか、一年も恐怖や不安を感じる事が多い生活をして、自分の何が悪かったのかを考えてばかりいた私は精神的におかしくなったようだ。


幻聴が聞こえたり、妄想も出てきた。


家の外から聞こえる若い男の人の声が、私をいじめていた男子たちの声に聞こえて、怖くなって部屋の窓から外見て男子たちがいるんじゃないかと必死に探した。

そいつらがわざわざ近所まで来て冷やかしに来たんじゃないかとザワついた。


でも、誰もいない。

近所を通りがかった人の声だったのか、最初から誰もいないのに聞こえてきた声だったのか、今でもわからない。

でも確かに聞こえた。

そこから神経が過敏になって、ちょっとした男性の声にもすぐに反応する様になったり、外から笑い声が聞こえてきただけで怖くて、私が笑われてるんじゃないかと思って、誰なんだ?とよく窓の外を見ていた。

見てたってより、見張ってた。の方が正確かもしれない。


その症状が出始めてから少しして、

母も、いい加減オカシイ。何があったかはわからないけど、内科でも外科でも異常なし。

でも私は具合い悪いと言う。

って言う母にとっては僅かな情報で、どうしたら良いかわからず私を精神科に連れて行った。


その時の診断結果を今、私も母も覚えていないんだけどね(笑)


薬を飲んだ記憶もないし、大したことなかったのかなー。


因みに。

母の事ばかり出てくるが、その頃、父は毎日仕事がとても忙しく、朝早くから夜は遅くまで仕事をしていてご飯を食べてお風呂に入ってすぐ寝てしまう生活だった。

母も父に相談したかったけど、疲れてすぐ寝てしまう父にほとんど話す時間もなく、一人で考え込んで大変だったと今は思う。

あの頃をうちの母は、『母子家庭状態だった』と言っている。


冬になり、受験シーズン真っ只中。

母は心配して、家庭教師を雇った。

けど私は受験勉強もなかなかする気になれなくて、その時大好きだった部活(引退していたけど)が強い学校を選んで受験した。

私立だったから、専願で落ちる事なく高校に入れた。

母は、公立に行ってほしかったけど、私がどうしても。と言うので、中卒になるよりは…って事で私立に入れてくれた。


高校受験の為に、冬は何度か学校に行った。

すると、やはり珍しいものを見るかの様にクラスメイトが私に注目する。

毎回その視線がすごく嫌だった。

みんなからどう思われてるかも、すごく気になった。

休み時間、後ろの席の男子から

『チエさん、精神科行ったの?』って急に言われて、

とっさに私は『え?行ってない』と答えた。

その頃、今より精神科ってものがまだ世間に浸透してなくて、病院も少なく、偏見も強かったのを感じていた私は、精神科に行った事がバレたりなんてしたら余計に私をいじめる人が増えてしまう。と怖くなって嘘をついた。



しかし、精神科に行ったなんて誰が喋ったんだろう。

母が担任に言って?

そして担任がみんなに喋った?

もしそうだったら、担任の先生って何なんだろう。

先生は信用出来ない。

私が言われたくない事を生徒に簡単に喋っちゃうの?

私が他人に秘密にしておいてほしい事すら先生は知らなかったのかも。

悪気がないのも困りもの。

人は信用出来ない。

私がどんな気持ちで学校に行けないのか、何で私の情報を勝手に報告するのか。

人は人に言われたくない事をバラす。

そして、余計オオゴトになる。

ややこしくなる。

だから親にも先生にも友達にも、誰にも簡単に相談なんて出来ない。


相談出来る時って言うのは、人に知れても問題ない出来事だと私が思った時。

本当に信頼できる人にだけ話せる。


出来れば、似た様な経験をしてきた人がいればもっといい。

その人の痛みを分かってくれる気がするから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。