中学校卒業へ

卒業式の練習に参加する為に数回学校に通った。

あと少しでこの環境から、あの男子たちから離れられる。

高校は違うところ。

もう会わなくて済むんだ。

そう思って過ごす事だけで1日1日をこなしていた。


そしていつの間にか、幻聴も気にならなくなっていた。


卒業式の日、式が始まる前にそれぞれが卒業アルバムにメッセージを書いていた。


今思い出したけど、

卒業直前のクラスの席のこと。

私の席の前は、私をいじめていたうちの一人だった。

一人だけ同じクラスだったんだ。

すっかり忘れてた。

それで、その日一番驚いたことがあって。

その人が私の方を振り返って

『卒アル書いて』ってアルバムとペンを渡してきたんだ。


その瞬間、色んな感情が、ワーッと出てきた。

えっ?私に言ってる?

何で私に?

もしかして、あれは私の勘違いだった?


気のせいか、相手は引きつってる様な、気まづそうな表情だった。

ま、そうだよね。

でも、そこで気まづい表情しないでほしかった私もいた。

だって、気まづい表情するって事は、やっぱり私に後ろめたさがあるからだよね?と思ってしまったから。

言葉でいじめてられてきたけど、それでも、本当はいじめられてなんかいなかった。私の被害妄想だった、勘違いだったんだって事を思いたかったんだ。

いじめられていた自分を認めたくなかった。

しっかり認めてしまったら、私の存在価値はない。を感じて怖かったんだと思う。


結果的に彼の方から声をかけてくれて、私はあの瞬間、救われた気がした。

正直、とても嬉しかった。

もう彼とは話せないと思っていたから。

私と話すことすら嫌なんだろうなと思って、ずっとずっと悲しかったから。


他2人は違うクラスだったから、話すことはないまま卒業したけど、最後に同じクラスの彼と話せて良かった。

彼は『ありがとう』と言って、前を向いた。

お調子者の彼なのに、ふざける事もなく『ありがとう』の一言だけ。


もしかしたら、だけど。

気にしていたのかな。

他の2人に混じって、ただ、私をネタに笑っていただけなのかな?

軽い気持ちでネタにしたけど、他2人から抜けれなくなって、私に言い続けていたのかな?


真相はわからないけど、今、冷静になってみて、そう思う様になった。


もし、万が一、そうだったなら。

卒業式のあの時、勇気出して私に声かけてくれて、ありがとう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。