高校生活の始まり

入学式が無事終わり、いよいよ高校生活が始まる。

席が近い女の子達とはすぐに仲良くなれて、携帯番号も交換した。


家に帰ってからは、その子達とメールをしたりして、これなら楽しくやっていけるかも♪って思って嬉しくなった。



4月も終わる頃、だいたいクラスの中ではいつも一緒に行動する仲の良いグループが決まってきた。


男子も女子も、仲の良い人達は決まっていて、私はほとんど男子と話すことはなかった。

話す時は用事がある時だけ。

雑談と言う名のコミュニケーションはとっていなかった気がする。


と、言うか、環境も人も違うんだから!と自分に言い聞かせていたなー。

でも中学のいじめを引きずっていたんだと思う。

私は、男子が苦手になってしまっていたのだ。

男子全員が苦手なんじゃない。

華やかで物怖じしない堂々とした目立つタイプの男子が苦手だった。

先生達からの評価はあまりよくなかったとしても、同世代から一目置かれるタイプの目立つ人間が苦手だった。

リーダータイプと言うか。

見た目もカッコよくて女子にもモテる。

少しチャラい様な、規則は破るのがカッコイイと思っているようなタイプの。



私は華やかで目立つタイプのグループじゃなく、地味目で影の薄いグループでもなく、至って中間的な存在のグループにいた。


華やかで目立っている子達がいるグループは、美意識高めの可愛い子達が集まっていて、私も可愛い子達のグループに入りたいなー。

可愛い子達のグループは、男子とも仲良く喋れてていいなぁ。

『男子から私はどう思われているか』を気にして考えてビクビク過ごしていくなんて、もう嫌だ!って思ってた。

男子とも仲良くしていきたいって思っていた私としてはすごく羨ましかった。


そんなまだ1カ月も経たない。

5月の連休前だったかな。

お互いのことなんてほとんどわからないはずだった頃。



嫌な予感。

あの時みたいな空気。

あれ…?

なんか、視線を感じる。

悪い意味で注目されてる気がする。

自意識過剰かな?

怖い。

怖い。

怖い。

体が固まる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。