初めての登校拒否

一番最初に登校拒否になったのは小学校6年生の秋ぐらいだったのかなぁ。


どれくらいの期間休んでいたのか忘れてしまったけど、私の記憶の中では2週間ぐらいだったかなー。


きっかけは、腰を痛めて学校を休んだ事で、家でダラダラテレビを見たりお菓子食べたり、好きな時に寝て、起きて…

専業主婦の母と話せて甘えられる事がとても嬉しかったから。


母も私を心配してくれていたので、存分に甘えられる事を喜んでいたのかも。


その後、腰痛が治って学校に通い出したけど、学校にいるより、家で母と過ごしたい。って気持ちが出てきて、私は、適当に母が心配しそうな理由を考えて母を納得させて学校を休みがちになった。



今思い返してみると、母と離れるのが嫌だっただけなのかなー。なんて思っちゃうヽ( ̄д ̄;)ノ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。