計画的登校拒否

夏休み前から決めていた。

新学期から私は学校になんて行かない。

もうあんな辛い想いを感じたくない。

男子たちから酷い言葉を投げかけられたくない。

臭いって言われてからかうように笑われたくない。

臭いって言って、汚い物を見るかの様に私を見ないで。


でも。

もしかしたら私は臭いのかもしれない。

もしかしたら私は汚いのかもしれない。

もし、本当にそうだとしたら?


気付いた時には、私は身だしなみに過剰に反応し始めるようになった。


何が臭い?

体臭?

口臭?

服の臭い?



それとなく母に聞いてみても、別に何も臭くないけど?と言われる。


お風呂に何度も入ったり、

歯を何度も磨いたり…

制服は少しでもゴミやホコリなんて付いた時にはすぐにエチケットブラシ。

化粧を始めたのもこの頃。


そんな事は登校中からひそかに実践してた。

それでも彼等の態度は全く変わらなかった。


こんなの、もうやだ。

私はイジメられる為に学校に行くわけじゃない。


臭いって言われない為にこんなに努力して、我慢してるのに男子たちは相変わらずの態度。


怖い。

悲しい。

何で私ばっかり仲良くしてもらえないの?

私は何がダメなの?

私は何がみんなとは違うの?

辛い。


どうやったら出来るだけ目立たずに学校を休み始められるかなー。


とにかく夏休みの課題は終わらせておかないと、母に学校に行く気がないのがバレてしまうから、今はまず課題をやってしまおう。


バレないように夏休みの課題をこなした。

終わったら休み方を考えるんだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。