私を比べないで責めないで

ここから先の、不登校になってからの記憶がとんでいたり、消えていたり、出来事が前後している。


なので思い出せる範囲で書いていきたいと思います。


学校を休み始めてから数日で、クラスの女子からメールが何通か届いた。

『どうしたの?大丈夫?』

『具合悪いの?早く元気になってね!』


本当は、具合いなんて悪くない。

ズル休み。

まぁ、精神的にはおかしかったかもしれないけど。

気遣ってくれるメールが届く度に、やっぱ学校行った方がいいのかなって焦りと、もう気にしてくれなくていいよ、って気持ちでいっぱいになった。


休めば休む程、出て行きにくくなるのはわかってた。

でも、今更学校になんて行ったって、状況が変わってるわけないよね、って諦めもあった。

あんな教室に行きたくなんかない。


休んでる間も、ずっと私はいじめと闘っていた。

母は、とにかくいい加減学校に行きなさいと私に毎日毎日言ってくる。


母は、私がいじめられてるとはハッキリと言った事はない為、また原因不明の体調不良なのかと翻弄されていた。


毎日、

『明日は学校行くの?』

『いつになったら学校行くの!』

『何で行かないの?』

『男の子の何が怖いの!』

『お母さんが先生に言ってあげようか?』

『もう本当に困った娘だよ』

『〇〇ちゃん(中学の友達)はちゃんと学校に行ってるのに何であんただけこんなに学校行けなくなるのよ』

『中学でも学校行かなくて、高校になれば大丈夫だと思ったのにガッカリ。』

『近所の人も変だって思うじゃない』

『高校中退なんて事だけは絶対にダメだぞ!』


と、いじめられて、学校に行きたくても行けない事で悩んでる私にとっては頭が痛くなるぐらい毎日責められている様に感じてた。


担任の先生になんて、絶対に言ってほしくない。

その当時の担任は、五十代ぐらいの女の担任だった。

厳しくて、うちのクラスの生徒からは嫌われていたと思う。


当然、私をいじめていた男子達5人は、その担任から目をつけられていて、よく怒られていたが、反抗する反面、時々うまく甘えたりもしていた。


いじめなんかがクラスであるなんて知ったら、すぐに緊急ホームルームを開きそうな担任だった。


だから、絶対におおごとにしたくない私としては、担任になんて言っちゃいけなかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。