病院へ

父がすぐに来てくれたおかげで、午前の診察時間に間に合った。


心療内科、精神科だ。


診察室には一人で入るとでも言ったのか、診察は私一人で受けた記憶しかない。


問診票も、何をどう書いたのか覚えてない。


自分から病院に連れて行ってほしいと頼んだくせに、私は病院でも上辺の話しと、起きている症状も、どこまでちゃんと伝えられたかわからない。


お医者さんにも、いじめられてこうなってしまった。なんて言えなかった。

どう説明したか忘れてしまったけど、その時の診断名は『躁鬱病』だった。

躁鬱病なんて言われても、どんな病気かなんてわからなかった。


今は、双極性障害と言うみたい。

躁病の極とうつ病の極の両方をもつ気分障害という意味らしく、勿論、薬物治療が始まった。


ここで違和感があった。

けど、その時は薬を飲めば、この不安がおさまるんだ。

その頃、眠りも浅かったから、よく寝れるようになるんだって思っていたから、薬を出してもらえた事ですごく安心した。



これで少し楽になるんだ思ってた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。