留年を選択するまで

「高校だけは卒業しなさい。」

母から何度も何度も言われた言葉。


「昔とは違うんだから!今時、中卒じゃ働けるところが限られてる。あんたが働きたいと思ったところでは働けないかもしれない。」


「今学校辞めたってこれから何するつもり?」


…。


あの頃はピンと来ていなかった。

働くことには、そんなに高校を卒業する事が必要なのか。ぐらいで。

仕事をするにあたって、資格とか、学歴とか、そんなに大切なの?

とよくわかっていなかった。



ただ、中卒じゃこれから先、私が色々不利になるんだ。と言う事は理解できた。


そこから、私は何に興味があるのかと考えてみた。


母が昔していた仕事に、なんとなく、ぼんやりだけど。

その仕事、良いかも!って思う様になった。


その為に昔からやってきた習い事も、無駄にならずに済むかも。と、私自身も興味があったけど、母に納得してもらえるような職業を選んだと言ってもいいかも。


そこで思いついた。


私は、留年する。



私が通っていた高校は、何種類かの科に別れていた。

私は、科を移動して1からやり直す!と決めた。



やりたい事が、今の場所ではなく、

違う科にあるから、と言う理由をつけて。


本当は、科なんて後付け。

違う環境で全てやり直したかっただけ。

自分をリセットしたかっただけ。

科の移動なら、留年しなくても手続きや試験で免れると言われたが、私はどうしても心機一転したかった。


彼らと同じ学年ではいたくない。

彼らの近くにはいたくない。



それには、留年じゃないとその頃の私は頑張れそうになかった。


留年することで、彼らと同じ教室、彼らの近くにいなくて済む。

その反面、留年することで、

逆に目立ってしまう。

教室は違うけど、同じ学校内にはいる。集会や、学校行事、登下校や廊下、などなど…

会う機会はたくさんある。

完全に彼らの視界に入らない環境ではない。


まして、1年生をもう一度やり直すわけだ。

入学式と言うものがある。


同じ学年だった人達からどんな風に見られるのか、すごく気になった。


それでも、私はそれ以上に、留年したかった。

もう決めていたんだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。