受け入れてもらえた

新しいクラスメイトは、私の事を何も知らない。


これからどんな風に関係を作っていけるのか、嬉しくもあった。


お決まりの自己紹介タイムがあり、私はそこで、同じクラスに私と同い年の子がいる事を知った。


その子は、他県からの転校生だった。


私は留年した事を全員の前では言わなかった。

初めに言ってしまったら、私に対してのイメージが出来上がってしまうのが嫌だったから。


歳なんて関係なく、同じ目線で接して欲しかった。


自己紹介も終わり、だいぶクラスの仲もなごやかになってきた頃、私も話の流れから、留年している事を話した。


クラスの人数が少ない事で、一度話すだけで、ほぼ全員に知られるという、メリットもデメリットもあるクラスだ。


それでも、クラスの子たちは、同じクラスに2人も留年者がいるとわかって逆に面白がっていた。


私は、それが凄く嬉しかった。

自分を受け入れてもらえた気がした。

もう一人、本当にたまたま、同じ歳の子がいるってだけでも心強かったのに。


留年して、良かった。

そう一番最初に思えたのは、クラスメイトの優しさだった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。