急な違和感はやっぱりそうだった

あの頃の私の中では何が起こったのか整理出来なくて、とりあえず、『突然男子からネタにされて嘲笑われる存在』になっている。

って事は把握できていた。


中学校時代は、実際何を言われたかほとんど思い出せないんだけど、

気付いたら、他のクラスの男子にも言われていて。

その他のクラスの男子っていうのも、また目立っていた仲間で。

3人からネタにされて、嘲笑われて、避けられ、廊下ですれ違ったり、少し近くに居合わせただけで傷つく言葉を言われたりしてた。


今まで普通に話をしていただけに、何で急に私なの?って、本当に意味がわからなかった。

私、何かしたかなぁ?

傷付けるような事でも言ったかなぁ?

いろんな事考えたなぁ。

でも、全部、『私が悪いからなんだ』って言うことを前提にして相手の事を気にして考えてたなぁ。

『私がかわいくないから』酷い事言われるんだ。とか、


『私が◯◯だから』標的にされたのかも。とか思ってばかりいた。

でも私は、気にしてないフリをし続けた。

平気なフリをし続けた。

親にも友達にも、先生にも誰にも相談出来なかった。

悩みを打ち明けられなかった。

いじめられている私は恥ずかしいと思っていた。

友達はこの事知ってるのかな?

って気にもなったなぁ。

私と一緒にいるけど、嫌じゃないのかなぁ?って。


私と一緒にいる=嫌じゃない=やっぱりいじめは私の勘違い。

って考えた事もあったけど、やはりその男子と目が合ったりすると男子の顔が引きつったり、あからさまに嫌な顔をする。


『やっぱり私の事言ってるんだ。気のせいじゃなかった』ってガッカリすると同時に恐怖でいっぱいになった。

そんな事があって、数ヶ月。

2年生も終わる頃、もう学校に行きたくない。

って我慢してきた私が崩れてしまった。

そして、登校拒否が始まってしまった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。