3年生になり

ほとんど記憶にないんだけど、

3年生は、ほとんど学校に行ってないと思う。

誰も私が不登校の理由を知らない。

学校には、体調が悪いからって事でずっと休んでるから。

もちろん両親も知らない。

私が仮病を使っていたことなんて。

母は、私が頑なに体調不良を訴えていたから心配してあちこちの病院に連れて行かれた。


当然だけど、どこも異常なし!

親は異常ないのに体調不良を訴えている私を見て余計に心配になる。

私は、あまり病院に行くと仮病がバレて休めなくなるんじゃないかと恐怖が襲ってくる。



担任の先生が、何度か、

今このタイミングで一旦来ないと学校に来づらくなるんじゃないか?と気をつかって、声をかけてくれる事もあり、私自身も、あまり休み過ぎて不自然だよなーなんて気にしてたりもしたから、時々は勇気を出して学校に通っていたりもした。

もちろん、いじめていた男子の私に対する態度は変わらない。


だんだん休む期間が長くなってくると、先生や母が騒ぎ始めた。

先生は学校で何かあったんじゃないかと騒ぐ。

母は、受験生なのにどうするのよ!まだ具合い悪いの?どうして行けないの?と騒ぐ。


私が休んでる間、ずっと近所に住んでいた女の子が私の家に宿題やお便りを届けに来てくれていた。

宿題やお便りが入っている封筒があるんだけど、そこには仲の良い子たちから毎日イラストやメッセージが書いてあって。

読むのが嬉しい反面、学校に早く行かなきゃいけないっていうプレッシャーもあった。


毎日毎日、本当にありがとう。と思うと同時に、申し訳なさと、ほっといて。そっとしといて。の気持ちが出てくる。


不登校やってる自分が情けなくて、恥ずかしくて、その女の子に私は届けてもらっておきながら一度も玄関に出て会った事がない。

いつも母に玄関先に出てもらっていた。


学校に来ない理由を聞かれたくなくて、

早く元気になって学校来てねって言われるのが怖かった。


その子が悪いわけじゃない。

そう言われる事があの頃、とてもプレッシャーだったから。

早く行かなきゃ、こんなに休んでて行きにくい。でも行くのが怖い。どうしよう。

勉強だってわからない。受験?何で高校に行かないといけない世の中になったんだ。

って勝手に焦ってた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。