夏休み

やっと夏休み。

毎日、自分の不安や怖い気持ちを押し込んでよく頑張って学校に行ったと思う。


辛かったのに、平気そうなフリして

毎日何度も挫けそうになったけど、誰にも言う事が出来ず

目も見えなくなったりもして。

辛かった。

と、言うより、悲しかった。

こんなにずっと一人で我慢してきた私、

誰かに言いたいけど、周りを信頼できなくて怖がってばかりな私。

孤独を感じて悲しかった。



でもどこかでわかってた。

決めていた。

夏休みまでは頑張って学校に行こう。って。

だから頑張れていたってのもある。

夏休みの長期休暇に入ってしまったら、もう学校には行きたくなくなるだろうな、って自分でわかってた。


だからそれまでは頑張ろうって決めてた。

ある意味、計画的。


お母さん、ごめんなさい。

私はまた不登校児になります。

みんなみたいに普通に学校に行けない子でごめん。

って心の中で謝った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。